家族の肖像

さて、更新作業も再開したということで
最近感じたことを少し、書き綴ってみたいと思います

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先月の終わりに農作業の合間を縫って
家族で桜を観に行くという、
我が家としてはめずらしいイベントがありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昔から、家族でべったりというのが
なんとなく恥ずかしい事のように思っていたため
高校を上がってから、ほとんど両親とは話すことも
無くなっていたのですが、

自分自身、それなりに苦労することもあったり
今よりもずっと大変な環境でここまで暮らしてきたことの
偉大さを思ったりして、
自分の程度が知れてくると、両親の見えなかった部分が
見えてきたりして・・・・。
(実際問題、「私」という人間は親にとってはものすごく
育てにくい子供だったろうと思います。)

この歳になって、ようやく家族というものに
向き合う心境というものがわかってきたような気がしています。

最近では、農作業や共通の趣味である山野草や木の花、
昔の暮らしの話などを通して、
それなりに楽しい会話を持つ時間というのも増えてきていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いつもの農作業の休憩時、
母が、今年こそは家族で桜を見に行きたい、
という希望を言ってきました。

連休の前後、
特に桜の時期は、田畑の準備の最も忙しい時期と重なるので
毎年のように桜見物の予定はお流れとなるのが通例でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しかし今年は、農作業の準備も段取りよく進めており、
桜の予定をかなり優先度の高いものとして考えているようでした。

これならば、一日くらい休んでも大丈夫だろうと思い
両親に行ってくるように勧めたところ、
あんたも来なさい、と。

正直、あまり気乗りがしなかったので
みんなで桜を見に行く理由について問うと母は、ひと言

「家族なのよ」と。

む・・・、家族か。
ならば致し方あるまい。

(恥ずかしいので格好よく書いていますが、実際には方言でしゃべってます・・・(^^;))

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

当日の朝、
手早く準備を済ませた家族を乗せて
車は一路、盛岡へ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

御決まりの失敗パターンに陥らないように
車内の雰囲気の維持にはそれなりに気を遣いましたが、
(下記参照)時期がよく、行きの車窓からは
山桜やコブシ、柳の若葉などが美しく、
山野草花の好きな我々は、幸いにも楽しく過ごすことができました。

☆田舎の家族行楽の御決まりのパターンとして、
出かける前から、「準備が遅い」だの
「行き先が決まってない」だのと、喧々諤々
行きの車内で既に険悪な空気を作ってしまって
観光地についても人が多くてさっさと帰ろう、ということになり
せっかくだから、なんか食べて帰ろうという話もまとまらず
結局、家の近所でいつものラーメンを食べて帰ってくるだけになった。
・・・・という話は我が家に限らず、よく聞きます(^^;)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

目的の桜の名所は、高松の池公園だったのですが、
高速道を降りた近くに御所湖公園があることに気付き
時間も早いしせっかくだから、と寄り道をすることにしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この判断は大正解で、
訪れた場所は、桜が満開
おまけに観光客も少なく
のびのびとゆっくりと過ごすことができました。

ところで、
桜園の中には、南部曲り屋の復元した建物があるのですが
これが私の両親にとっては、まさにリアルタイムでの記憶であり、
桜以上に足を停めて見入っていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

農具や馬具などは、説明書きを見るまでもなく
すらすらと解説してくれ、また当時の暮らしぶりなども
話してくれました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちなみに、
これが当時の普通の生活水準だと思われると心外だそうで、
これは「かなり御金持ちの家」なのだそうです(^^;)
少なくとも、うちはこんな立派じゃなかった、と。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

御所湖を後にして、昼過ぎに
最初の目的地である高松の池を目指したのですが、
こちらは県外にまでその名を轟かす桜の名所。
やはり、近くまで行ったところで渋滞に巻き込まれました。

幸いに、30分ほどで駐車場に入れたため
念願の桜見物をすることが出来ました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

桜は満開、ついでに観光客もいっぱい!
池の周囲に隙間なく咲く桜は確かに見事でした。

ですが、本音を言うと、少し飽きてしまったのも事実・・・(^^;)

美しい桜も、そればかり見ていると
若干、食傷気味に感じてきます。
時々、梅や枝垂桜などが見えると
不思議と、ほっとしたものでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、
私は今回の家族行楽には
ある程度の覚悟を持って参加しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もともとこのようなイベントの少ない我が家にとって
家族で過ごす数少ない今日の機会は、
きっと、ずっと記憶に残るであろうことを。

写真が趣味の私ですが
家族の写真だけは意識して撮らずに過ごしてきました。

撮る機会は何度となくあったのですが、
ファインダーに家族の姿を捉えると、
思わずカメラを背けてしまっていました。

写真を趣味にする先人達がよく口にする言葉、
普段何気なく撮ったものほど、後になって意味合いを増す
そして何気なく撮ったものが、最初で最後のものになることも
ままあることだと。

私を育ててくれた祖母の写真は
結局一枚も撮ることができませんでした

やがて、そのときが訪れ
一人でこの写真を見返したとき
どんな気持ちになるのか、容易に想像できて
それがたまらなく、耐えられなくて
どうしても撮ることができなかったのを覚えています。

いま、私の前には一枚の写真があります

さて、わたしはこの重圧に耐えられるのか
耐えられなくなって消してしまうか、
あるいは、「最後」を先延ばしにするために
これから絶え間なく撮り続けるのか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ようやく向き合えた
・・・向き合う覚悟の入り口に立てた、
家族の肖像に、
後悔した時救われない事の無い様に・・・・

生きるってしんどいことだと
思いながらも、今日も変わらず生きていますょ

3 人のご厚意をいただきました